女性

脱毛する際に気をつける事

女性

脱毛をする際には肌に気をつかい、肌にダメージを与えないようにすることが大切です。
レーザー脱毛や光脱毛をする際には肌が潤っている状態で利用するのが前提であり、乾燥した状態の肌ではレーザー脱毛や光脱毛はしないようにしましょう。肌が乾燥していると熱量を上げることができず、レーザーや光の効果を十分に発揮できない場合があるからです。また肌が乾燥していると肌の状態を悪化させてしまい、炎症や火傷といった症状も発生させてしまうので肌の保湿はとても重要になります。
脱毛をする前や最中には肌の保湿に気をつけ、定期的に肌の潤いを確認するようにしましょう。保湿が足りていないと感じた場合は化粧水やクリームなどの化粧品を使い、肌を保湿するように心掛けましょう。

日焼けをしていると脱毛する際に支障をきたすので気をつけるべきです。
レーザーや光を使った脱毛は毛の黒さに反応して効果を毛だけに集中させるような仕組みになっています。肌が黒く焼けていると装置が肌の黒さにも反応してしまい、毛だけでなく肌にも光を照射してしまうので効果が薄くなってしまいます。また肌にも光が分散することによって炎症や火傷を負う危険性も高くなるので、脱毛をする際は日焼けなどを予防するように気をつけましょう。また自分で毛を抜いたりして脱毛をしている方は、医療機関で脱毛をする間は自分で毛を抜いたりしないようにしましょう。自分で脱毛をしていると毛の周期が乱れてしまい、脱毛する回数が増えてしまうので注意しましょう。
このように脱毛をする際には肌の環境などに気を付ける必要があり、肌が乾燥して肌トラブルを発生させたりしないようにすることが必要になります。炎症や火傷などを負うとせっかく脱毛した部分に傷や痕が残ってしまうことがあるので、肌の状況には十分気をつけるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加